Ohanaトップ|保育のこと|保育のきほん|保育士の平均給料は?公立と私立、地域や年齢別にまとめました!

search SEARCH

clip CLIP

2019.07.22

保育士の平均給料は?公立と私立、地域や年齢別にまとめました!

masako Masako 
 幼稚園教諭、保育士資格あり
 幼稚園・保育園・児童支援で働いて
 いまし
た。 自分の経験を活かして
 リアルな情報を届けたいと思います。
 LIKE:海外旅行、美味しいもの

 

「保育士で働いているけど、給料が低く今後このままでいいのか不安を感じる…」
「みんなの平均給料の相場を知りたい」とお悩みではありませんか?

保育士は重労働で仕事がハードな割に給料が低いところが多く、離職率が高いのも事実です。
好きな仕事でも給料が低いと長続きしませんよね。
しかし保育士は働いている場所や公立、私立かでも給料が変わります。

そこでここ記事では、
 ・保育士の公立の平均給料額
 ・保育士の私立の平均給料額
 ・年齢や地域による違いの平均給料額
など、私立でも公立でも働いていたわたしが、気になる平均給料額をまとめてみました。
自分の給料額に悩んでいる人や相場を知りたい人はぜひ読み進めてくださいね。

 

保育士の給料は安いの?手取りは18万円

accounting-budget-calculate-3305

厚生労働省で発表された平均給料はなんと手取り18万円前後と低めです。
また平均ボーナスは、年2回支給のところが多く60万前後です。

わたしが実際に働いていた私立の幼稚園の平均給料(ボーナス除く)は、
 ・1年目手取り16万円
 ・2年目手取り17万円前後
 ・3年目手取り18〜19万円
年々少しずつ上がるという感じでしたが、1〜2年上の先輩でも中々20万円を超えることはなかったです。

 

ただし要素によって給料差がでる

ただしもちろん全員が18万円前後ではありません。
何年働いているかや、ポジションでも給料が変わってきます。
また保育士といってもまた私立、公立、認定こども園などでも給料に多少は差がでます。

【税金や社会保険を差し引く前】
4
経験年数が上がるごとに私立と公立の差は大きくなります。

 

<給料が高い地域TOP5>
1.京都 33万4千円
2.東京 32万8千円
3.愛知 31万円
4.岡山 30万2千円
5.滋賀 29万9千円

<給料が低い地域TOP5>
1.島根 22万円
2.愛媛 23万6千円
3.沖縄 24万円
4.鹿児島 24万千円
5.青森 24万5千円

【地域での違いの平均給料(税金から引かれる前でボーナスなどを含めた給与)】
参考:平成29年 厚生労働省

 

保育士の給料を左右する3つの要素

money-2724241_1920

さきほど表でお伝えしたように、保育士の給料を左右するのは主に以下の3つの要素があります。

 1.公立、私立による違い
 2.年齢やポジションによる違い
 3.地域による違い

こちら1つずつ解説しますね。

公立、私立による違い

公立と私立では大きく給料に差が出ます。
公立は私立とは違い公務員で給料も福利厚生も安定しています。また私立は離職率が高いですが、公務員は離職率が非常に低く10〜20年続ける人も多いため給料に差がでるのです。

私立の保育士の年齢は20代ですが、公立の保育士は34歳と言われていて10年も違いがあるため給料の平均にも差が出ます。

年齢やポジションによる違い

保育士は一般の企業と同じように年数が上がれば、少しずつ給料やボーナスも上がります。
主任、副主任、園長のポジションでも給料に差が出ます。

1

また、保育士の離職をさける為に国では保育士の給料を見直す「保育士処遇改善等加算」が取り組まれています。
この制度は国から保育園へ補助金を増やす制度で月額でおよそ3.2万円支給され、今後保育料が無償化されても補助金は支給される予定です。

さらに新設された役職につくと保育士リーダー手当や副主任手当は月額4万円が支給されるキャリアアップ研修という制度も始まりました。
これらの制度から今後、役職アップを目指すことで給料をアップすることができます。

地域による違い

地域によって給料にも大きな差が出ます。
やはり田舎だと少子化でも子どもも少ないので需要が少なく給料も低くなりやすいです。

それに比べて都市だと子どもも多いため、需要が多く給料も高い傾向にあります。

その都市の物価の影響もあるかもしれませんが、友達は東京で私立の保育園で働き初任給から手取り26万円はあると言っていました。これは大きいな差ですよね。

 

06-10_10568001634_R-960x636

保育士全体の平均給料の手取りは18万円前後と低めです。
仕事が大変な分給料と見合っていないため、離職率が高いのも納得ですね…。

しかし保育士で給料を上げたい方は、
 ・京都、東京、愛知などの給料が高い都市で働く
 ・主任など上のポジションを目指す
 ・狭き門ですが私立でなく公立で働けるよう試験を受ける
などすると給料は変わりますよ。

何年経っても「給料が上がらない…」と悩んでいる人は思い切って、条件のいいところに転職するのもありかもしれません。

記事公開日:2019.07.22

記事更新日:2019.07.26