Ohanaトップ|ライフスタイル|料理レシピ|<ダイエットレシピ>切干大根サラダ

search SEARCH

clip CLIP

2019.09.13

<ダイエットレシピ>切干大根サラダ

大根を干してつくられている「切干大根」。使い道といっても、お母さんやおばあちゃんが炊いてくれる煮物程度しか思いつかないかもしれませんね。しかし、もともと生で食べることができる食材ですので、水で戻すだけでも食べることができます。今回はダイエットに必要な「噛む」ことを意識して、コリコリとした食感で食べられる切り干し大根のサラダをご紹介します。ごま油の香りで満足感もしっかりとありますよ。


【材料】    2~3人分 (写真材料)

切り干し大根   20g
きゅうり     1本
にんじん     1/4本
乾燥わかめ    大さじ1/2程度
しょうゆ     大さじ1
酢        大さじ1
白ごま      小さじ1
ごま油      大さじ1/2


【作り方】

1. 切り干し大根、乾燥わかめはそれぞれ水につけて戻す。


2. きゅうり、にんじんは千切りにし、塩(分量外)ひとつまみをふりかけてもんで柔らかくしておく。
2・3

3. (1)の切り干し大根とわかめが戻ったらしっかりと水分を切り、大きければ一口大に切る。

4. ボールにしょうゆ、酢、白ごま、ごま油を入れて混ぜ、(3)の切り干し大根とわかめを入れてよく混ぜてドレッシングをしみ込ませる。
4-2

5. (2)のきゅうりとにんじんも水分をしっかりとしぼり、(4)に加え混ぜる。(切り干し大根作り方5)


※切り干し大根や乾燥わかめの戻し汁にはとてもよいうま味が出ています。あたためてしょうゆで味を調え、溶き卵を流しいれるとおいしいスープが出来上がります。節約にもうってつけですね。


※このメニューは、しっかりと素材の水分を切ることがおいしく召し上がっていただくポイントになります。また、冷蔵庫で一週間程度保存がききますので、作りおきにもよいですね。
一口30回噛むとよいとよく言われます。しっかりと噛むことで唾液が分泌され、消化吸収がよくなるとともに顔周りの筋肉も使いますので、小顔効果も期待できるかもしれませんね。

■レシピ制作■

Atelier Heartsease主催 真鍋 実穂(まなべ みほ)

世界中医薬学連合会認定 国際中医薬膳管理師・調理師。ホテルレストラン、中食メーカー、大手外資系食品メーカー、スーパーマーケットなどでメニュー・商品開発業務に携わったのち、大阪市内にて、四季の養生薬膳料理と発酵をテーマに料理教室を主宰。薬食同源をモットーに、和洋中・年齢を問わず、家族や大切な人を元気にできるレシピ・メニュー開発をしています。複数のサイトにて季節の養生薬膳料理コラムを執筆中。 instagram:miho_la_sante

記事公開日:2019.09.13

記事更新日:2019.09.02