Ohanaトップ|ライフスタイル|料理レシピ|<季節のレシピ>豚肉の梅味噌蒸し

search SEARCH

clip CLIP

2019.07.05

<季節のレシピ>豚肉の梅味噌蒸し

暑くて疲れて帰ってきて、あまり火を使う料理はしたくないですね。そんなときに便利なのが下ごしらえ置き。朝出かける時にフリーザーから冷蔵庫に移しておけば、帰ってきたころにはほどよく解凍されています。かえってチンするだけで、手作りの晩ご飯が楽しめるのは良いですね。


【材料】 2人分(写真材料)

豚バラ肉または肩ロース肉
       200g
梅干し    大1個(チューブの梅肉ペーストで代用可)
味噌     大さじ2
みりん    大さじ1(味噌の固さで調整する。)
片栗粉    大さじ1 /2
白ネギ    1本

【作り方】

1. 豚肉は食べやすい大きさに切っておく。(2cm×4cm程度が食べやすい)

2. 梅干しはたねをはずして包丁で果肉をたたき、細かくしておく。

3. ボールに(2)の梅肉ペースト、味噌を入れてよくまぜ、みりんを入れてマヨネーズ程度の固さに伸ばす。

3

4. (1)の豚肉に(3)の梅味噌、片栗粉を加えよく混ぜ、10分程度味をなじませる。
≪この段階でラップして冷凍保存ができます。≫

4-1

4-2

5. 白ネギは白髪ネギにしておく。

6. (4)を耐熱皿に乗せて、電子レンジ600Wで約5分加熱する。

7. 一度取り出し、全体を混ぜ合わせて再度完全に火が通るまで様子を見ながら2分くらいずつ加熱する。

8. 全体に火が通ったら白髪ネギを天盛りにする。

疲労回復に効果的なビタミンB1を多く含む豚肉、その吸収を助けるアリシンを含む白ネギ。クエン酸豊富な梅干しに胃腸の働きを整える味噌を使った、夏バテ予防に最適なメニューです。
梅味噌は(3)の状態で作り置きもできます。多めに作っておいて、冷奴やご飯に載せて食べてもおいしいですよ。

■レシピ制作■

Atelier Heartsease主催 真鍋 実穂(まなべ みほ)

世界中医薬学連合会認定 国際中医薬膳管理師・調理師。ホテルレストラン、中食メーカー、大手外資系食品メーカー、スーパーマーケットなどでメニュー・商品開発業務に携わったのち、大阪市内にて、四季の養生薬膳料理と発酵をテーマに料理教室を主宰。薬食同源をモットーに、和洋中・年齢を問わず、家族や大切な人を元気にできるレシピ・メニュー開発をしています。複数のサイトにて季節の養生薬膳料理コラムを執筆中。 instagram:miho_la_sante

記事公開日:2019.07.05

記事更新日:2019.07.01