Ohanaトップ|保育のこと|絵本紹介|保育士にオススメ!幼児向け絵本:『うんこ!』

search SEARCH

clip CLIP

2019.05.20

保育士にオススメ!幼児向け絵本:『うんこ!』

タイトル:『うんこ!』

作者:サトシン
絵:西村 敏雄
出版社:文溪堂
対象年齢:3~5歳児

☆おはなし☆

お外の景色が見えてきた。
道の隅っこで、わんこがうんこ。

すとーん、ぺちゃっ。

「おーい、待ってくれよー!」って声を掛けても、わんこは気付かず、すた、すた、すた。
それを見たうんこは悔しがった。
「くっそー」

そこにねずみが通りかかった。
「おやおや、誰かと思ったら、うんこか」
そして臭いを、くん、くん、くん。

「くっさーい!」

そしてねずみは逃げていった。
うんこはまたまた悔しがった。

「くっそー!」

そこにへびが通りかかった。
「あれあれ、誰かと思ったら、うんこか」
そして臭いを、くん、くん、くん。

「くっさーい!」

そしてへびは逃げていった。
うんこはまたまた悔しがった。

「くっそー!」

そこにうさぎが通りかかった。
「あらあら、誰かと思ったら、うんこくんね」
そして臭いを、くん、くん、くん。
「くっさーい!」
そしてうさぎは逃げていった。
うんこはまたまた悔しがった。

「くっそー!」

「まったく、みんなひどいじゃないか!」
うんこは怒って、ぷん ぷん ぷん!

そしてうんこは考えた。じっくり じっくり考えた。
「うん、こうしよう!」

「こんなところにいつまでもいたら、干からびるだけ。仲間を探しに行こう!」
そういうと、うんこが重い腰をあげた。

「うんこらしょっと!」

そうしてうんこは、仲間を探す旅に出た。
ふん!ふん!ふん! ぺた ぺた ぺた
ふん!ふん!ふん! ぺた ぺた ぺた

歩いているうちに楽しくなってきたうんこは、鼻歌を歌い始めた。
ふん ふん ふん~♪ ぺた ぺた ぺた ぺた
ふん ふん ふん~♪ ぺた ぺた ぺた ぺた

そこにお百姓さんが通りかかった。
「なんとまぁ、立派なうんこじゃ!どうじゃろう、わしの畑で野菜たちのこやしになってくれんかのう?畑にはおまえさんの仲間もいっぱいおるぞ」

「ふん ふん ふん」

話しを聞いたうんこは、思った。

「こいつは運がついてきたぞ」

そこで大きく頷いた。

「うん!」

こうしてうんこはお百姓さんの畑にまかれ、こやしになって、おいしい野菜をうんといっぱい育てましたとさ。
よかったね、うん うん!
ふん ふん ふ~ん♪

☆オススメポイント☆

この絵本の表紙を見たことがある方も多いのではないでしょうか?♪
タイトルにもあるようにこの絵本の主人公は”うんこ”!
子どもたちに読むには少し気が引けてしまうかもしれませんが、ストーリーや主人公のうんこのキャラクター性に、魅力を感じられる一冊になっています!

☆読み方のコツ☆

この絵本は所々で、タイトルの”うんこ”にかけた言葉遊びが出てきます!
そのため、4・5歳頃になると、その言葉遊びに面白さを感じる子どももいるでしょう!
3歳頃の子どもに読み聞かせをする場合には、登場人物に合わせて声色を工夫しながら読むと、絵本のストーリーが理解しやすいでしょう。

 

▼冬におすすめの絵本はこちら

・おしくらまんじゅう(乳児向け絵本)
・ぐりとぐらのおきゃくさま(幼児向け絵本)
・まどからおくりもの(2~5歳児向け絵本)
・ノンタンはっくしょん(乳児向け絵本)
・14ひきのさむいふゆ(幼児向け絵本)

記事公開日:2019.05.20

記事更新日:2019.05.17