Ohanaトップ|ライフスタイル|ダイエット|足ダイエットに効果的なむくみの取り方をご紹介

search SEARCH

clip CLIP

2019.05.29

足ダイエットに効果的なむくみの取り方をご紹介

足の太さに悩まされている方は多いと思います。特に一生涯に渡ってホルモンバランスの変化にさらされる女性の場合、1ヶ月の間に足の太さが変化することなどざらにあります。

そして足ダイエットのカギとなるのが足のむくみです。足のむくみによって、実際の足の太さより足の見た目が太く見えてしまうのです。今回は足のむくみを取って、足のラインを美しくする方法を紹介します。

(目次)
1.足がむくむ原因
  1-1.長時間の同一姿勢
  1-2.体内の水分の滞留
  1-3.運動不足
2.足のむくみを取る方法
  2-1.ふくらはぎをマッサージする
  2-2.歩く
  2-3.お風呂で温まる
3.簡単な足ダイエット用エクササイズ
  3-1.カーフレイズ
  3-2.スプリットスクワット
  3-3.水泳
4.筋トレをすると足がムキムキにならない?
  4-1.基本的になりません
  4-2.ムキムキに見えるのは疲労物質の蓄積
5.まとめ


1.足がむくむ原因

足ダイエットにおすすめのエクササイズや、足のむくみの取り方について解説する前に、まずは足がむくむ原因について知っておきましょう。

1-1.長時間の同一姿勢

足がむくむ原因としてよくあげられているのが、長時間の同一姿勢です。デスクワークなどで1日中座りっぱなしとか、接客業で立ちっぱなしの人などに、足のむくみがよく見られます。

なぜかというと、同一姿勢を継続しているとふくらはぎの筋肉によるミルキングアクション(心臓へと血液を送り返すこと)が弱くなるからです。

男性に比べて女性に多くむくみが見られるのは、ふくらはぎの筋力が弱いことや、筋肉量が少ないことによるミルキングアクションの弱さにも一因がある訳です。

1-2.体内の水分の滞留

むくみのことを医学的には浮腫(ふしゅ)と呼んでいますが、浮腫とは簡単に言うと、体内に余計な水分が多くある状態のことを意味します。

私たちの体内にある水分の3分の1は細胞外にあります。細胞外にある水分の代表的なものが血漿やリンパ液、間質液であり、それらの水分は細胞や血管を行き来する性質を持っています。

むくみは間質液が多くなることによってもたらされますが、その一因として体内の水分の滞留があげられています。要するに、水分を取り過ぎればむくみやすくなるという訳です。

1-3.運動不足

運動不足もむくみの一因となります。心臓には血液を全身へと送り出す働きがありますが、全身へと送られた血液を心臓へ送り返すのは筋肉の役目です。

全身の筋肉が収縮することによって血管を収縮・弛緩させ、心臓へと血液を送り返す訳です。そのため、運動不足になると心臓へと血液を送り返す力が弱くなり、むくみやすくなってしまうのです。

2.足のむくみを取る方法

activity-exercise-fitness-1556710

足のむくみの原因について知って頂いたところで、次に足のむくみを取る方法について解説したいと思います。

2-1.ふくらはぎをマッサージする

足のむくみを取る方法としては、ふくらはぎをマッサージすることがあげられます。通常、「足がむくむ」といった場合、ふくらはぎのむくみを指すケースがほとんどだと思います。

なぜならふくらはぎは心臓からもっとも遠く、血行が滞りやすい場所だからです。そのため、ふくらはぎをマッサージすることで、足のむくみの改善効果が期待できます。

2-2.歩く

足のむくみを取りたいのであれば、歩くことも効果的です。歩くことでふくらはぎの筋肉を刺激し、血行を促進することが可能となるからです。

また、歩くときには全身の80%もの筋肉が使われます。そのため、足ダイエットだけでなく、全身のダイエットをしたいときにも歩くのがおすすめです。

2-3.お風呂で温まる

お風呂で温まることも足のむくみの改善につながります。温まることによって血行を促進できるだけでなく、心身がリラックスすることで副交感神経が優位になるからです。

3.簡単な足ダイエット用エクササイズ

meghan-holmes-1057329-unsplash

足のむくみを改善するには、基本的に下半身の筋肉を刺激するのがおすすめです。では、どのようなエクササイズがあるのでしょう。

3-1.カーフレイズ

カーフレイズは、カーフ(ふくらはぎ)をレイズ(上げる)エクササイズです。つま先立ちになり、かかとの上げ下げをするだけの簡単なエクササイズです。歯磨きをしながら、テレビを見ながら、かかとの上げ下げをしてみましょう。

3-2.スプリットスクワット

スプリットスクワットは、足を前後に開いておこなうスクワットです。足を横に開いておこなう通常のスクワットに比べ、腰や膝の怪我のリスクが低いというメリットを有しています。

スプリットスクワットをおこなう場合、足を大きく前後に開きます。次に膝を曲げながら上体をまっすぐ下におろします。前になった方の太ももが床と平行になったら、元の姿勢に戻りましょう。最初の内は10回でも十分に効果がありますよ。

3-3.水泳

水泳も足ダイエットにおすすめのエクササイズです。泳いでいる間は身体が重力の影響からやや解放されるため、血液の循環がよくなります。

4.筋トレをすると足がムキムキにならない?

足ダイエットをするには基本的に筋トレをすることが重要なのですが、筋トレをおすすめしたときによく聞かれるのが、「足がムキムキになりそうで怖い」という声です。筋トレをすると本当に足がムキムキになるのでしょうか。

4-1.基本的になりません

「筋トレをして足がムキムキにならない?」と聞かれた場合、答えは原則として「ノー」です。よほどハードにトレーニングをしない限り、ムキムキになど「なりたくてもなれない」のが現実です。

4-2.ムキムキに見えるのは疲労物質の蓄積

「筋トレをしたらふくらはぎがボコッと膨らんだ」などというケースもありますが、それは単に疲労物質がたまっているだけのことです。筋肉がついたわけではないので、心配する必要はありません。

5.まとめ

足のむくみを改善するためには、基本的に血行を促進することが重要となります。運動できる人は運動で、できない人は入浴やマッサージで、足のむくみ改善に取り組んでくださいね。

記事公開日:2019.05.29

記事更新日:2019.05.13