Ohanaトップ|ライフスタイル|ダイエット|顔のむくみを改善して小顔ダイエット!

search SEARCH

clip CLIP

2019.05.22

顔のむくみを改善して小顔ダイエット!

女性なら誰でもモデルさんのような小顔に憧れるものだと思いますが、実は顔のむくみを改善するだけで、シュッとした顔の印象を演出することができます。

むくみは生活習慣によって現れることが多いので、生活習慣を見直すことも重要です。今回は顔のむくみを改善する方法や、気をつけたい生活習慣について解説したいと思います。

(目次)
1.顔がむくむ原因
  1-1.睡眠
  1-2.アルコール
  1-3.運動不足
  1-4.表情筋の緊張
2.顔のむくみを改善する方法
  2-1.適度に身体を動かす
  2-2.顔面体操をおこなう
  2-3.表情筋をマッサージする
  2-4.入浴する
3.小顔に関するウソ!ホント?
  3-1.頭蓋骨を小さくできる?
  3-2.エステの施術で脂肪が燃焼する?
  3-3.リンパと小顔って関係ある?
4.むくみを予防する生活習慣
5.まとめ


1.顔がむくむ原因

小顔ダイエットの方法について解説する前に、まずは顔がむくんでしまう原因について知っておきましょう。それによって、顔がむくみリスクを下げられますよ。

woman-801711_640

1-1.睡眠

意外に思われるかも知れませんが、睡眠が顔のむくむ原因となります。むくみとは簡単に言うと、皮下組織に余分な水分がたまった状態のことを意味します。

起きているときには重力の影響をもろに受けるため、比較的足がむくみやすくなります。ところが寝ている間は顔への血流がよくなるため、朝起きた時に顔がむくんでいるのです。ただし、このむくみは一時的なものなのでそれほど心配することはありません。

1-2.アルコール

「お酒を飲んだ翌朝、顔がパンパンにむくんでいた」などという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お酒を飲むとトイレが近くなるので、体内の水分が奪われがちです。また、アルコールを代謝するのに体内の水分がたくさん使われます。その結果、いわゆる「ドロドロ血液」になってしまい、血行が悪くなってむくみを生じやすくなる訳です。

1-3.運動不足

運動不足もむくみの一因となります。あまり身体を動かさないでいると筋力が低下し、血液の循環が滞ってしまいます。

足は第2の心臓と言われますが、それは足の筋肉を使うことによって、下半身の血液を心臓へと送り返しているからです。特にふくらはぎの筋肉は心臓からもっとも遠い場所にあり、しかも重力に逆らって上方へと血液を送らなければなりません。

そのため、ふくらはぎの筋肉を刺激しないでいると、全身の血流が滞ってしまい、結果として顔もむくみやすくなるのです。

1-4.表情筋の緊張

顔にはいわゆる「表情筋」と呼ばれる筋肉があります。表情筋をあまり使わないでいると、顔の筋肉にも「コリ」が生じます。それによって血管が圧迫され、血液の循環が滞ってむくみを生じやすくなります。

2.顔のむくみを改善する方法

顔がむくむ原因を踏まえた上で、次に顔のむくみを改善する方法について解説したいと思います。顔のむくみを改善する方法としては、以下のようなことがあげられます。

2-1.適度に身体を動かす

顔のむくみを改善するためには、適度に身体を動かすことが重要です。身体を動かすことで血行が良くなれば、むくみの改善につながります。

2-2.顔面体操をおこなう

顔面体操も顔のむくみを改善するのに効果的です。口を大きくあけて「あ・い・う・え・お」の形にしましょう。特に「い」の口と」「え」の口の時に、口角を思いきってあげましょう。

2-3.表情筋をマッサージする

表情筋のマッサージも顔のむくみを改善するのに効果的です。特に頬骨のしたにある咬筋(こうきん)をよく緩めましょう。両手の親指を下から頬骨にあてがうと、コリコリした部分があると思います。それがむくみの原因となる咬筋の起始部なので、優しくマッサージしましょう。

2-4.入浴する

顔のむくみを改善するには入浴も効果的です。入浴することで血行が良くなれば、顔のむくみを改善する効果が期待できます。

3.小顔に関するウソ!ホント?

巷には小顔に関するいろいろな情報がありますが、中には「トンデモ医学」も混じっています。そこで、小顔に関するウソについて見ていきましょう。

3-1.頭蓋骨を小さくできる?

美容整体の中には、頭蓋骨矯正で小顔にするなどと宣伝しているところがありますが、手技によって頭蓋骨が変形したり、小さくなったりすることはありません。中には景品表示法違反で消費者庁から勧告された美容整体もあります。

3-2.エステの施術で脂肪が燃焼する?

エステの施術によって脂肪を燃焼させ、それによって小顔になれるなどと宣伝しているケースがありますが、基本的に施術によって脂肪が燃焼するようなことは医学的にあり得ません。一時的に小顔になったように見えるのは、血行改善にともなってむくみが取れただけのことです。

3-3.リンパと小顔って関係ある?

小顔の施術をおこなうときに、リンパを流すなどと言われることがありますが、そもそもリンパは12時間かかって身体を1周しています。施術によってその流れを早めるようなことはほぼ不可能です。従って、リンパの流れと小顔もほとんど関係ありません。

4.むくみを予防する生活習慣

lemon-3071893_640

むくみを予防するためには、生活習慣を見直すことも重要です。たとえば食習慣の見直しによって、顔のむくみを予防することが期待できます。

脂っこいものや味付けの濃い食べ物を好んで食べると、血行が悪くなってむくみを生じやすくなります。そのため、お肉を控えて青魚を食べ、味付けは薄めにするとよいでしょう。

また日常生活の中で、生活活動代謝を高めることも重要です。生活活動代謝とは、日常生活における動作(掃除や洗濯など)にともなって消費されるカロリーのことです。

現代は便利な世の中になっているため、生活活動代謝量が減少傾向にあります。面倒くさがらずに身体を動かすよう意識することが、顔のむくみの予防につながります。

あと、むくみは基本的に血行不良が原因となって起こるため、身体を冷やさないことも重要です。夏でもお風呂に浸かって、血行を促進するよう努めましょう。

5.まとめ

顔のむくみの原因は、顔の血液循環が滞ってしまうことです。そうならないためにも日頃から身体を動かしたり食習慣に気をつけたりしましょう。また身体を冷やさないようにすることも重要です。

記事公開日:2019.05.22

記事更新日:2019.05.13