Ohanaトップ|ライフスタイル|ダイエット,節約|やっぱりドンキは安い?値段比較してみました!

search SEARCH

clip CLIP

2019.05.13

やっぱりドンキは安い?値段比較してみました!

ドンキの安い商品「生活必需品」

初夏のアウトドア特集

出典:http://www.donki.com/

食品に比べると、そこまで目立ちませんが、地味に安い商品があるので、セールを狙ってまとめ買いすれば、かなりの節約効果に繋がるのではないでしょうか。

柔軟剤

商品にもよりますが、柔軟剤が大幅に値引きされることがあります。場合によっては半額近くまで値下げされることもあり、ある程度、まとめて購入できる商品なので、上手く節約していきたいところです。

自治体指定ゴミ袋

各自治体指定のゴミ袋は、値下げしにくい商品だといえるでしょう。しかし、ドンキでは、専用のゴミ袋が安く販売されていることもあり、生活していく上で必ず必要になる商品なので、ここで安く手に入れるのもよいでしょう。商品が商品なので、大幅な値引きは期待できませんが、普通に購入するよりは安いです。

トイレットペーパー

トイレットペーパーも生活必需品の中では安いです。セール時には、12ロールで200円を割ることもあり、この時にまとめ買いをするのもよいでしょう。トイレットペーパーは、日用品の中でも、利用頻度の高いアイテムなので、まとめて購入しておくことで、かなり節約効果を得られるはずです。

フライパン

頻繁に購入するものではありませんが、ドンキではフライパンなどの調理器具が安く販売されることもあります。中には500円のワンコインで販売されているものもあり、これなら多少品質が悪くとも、消耗品として利用することができます。

見切り品はさらに安い

ドンキでは、通常のセールの他に、見切り品の販売もしています。見切り品は、消費期限が迫っているなど、様々な理由で投げ売りされているものです。通常なら50%offで十分に格安ですが、見切り品の場合、70%off、80%offが当たり前にあります。食品の場合、その日のうちに食べてしまわなければならないものも多いですが、安さは圧倒的なので、見切り品を狙って、毎日ドンキに足を運ぶのもよいでしょう。

店内の死角スポットは狙い目

お店には死角と呼ばれるスポットがあります。この場所は、目立たないので、あまりお客さんがきません。しかし、ドンキでは、このような場所に人の流れを呼ぶために、あえて、目立たない場所でセールを行っていることもあります。そのため、今度、ドンキに行った際には、あえて死角を探して、セールが行われていないか確認してみるのもよいでしょう。

記事公開日:2019.05.13

記事更新日:2019.05.13