Ohanaトップ|保育のこと|絵本紹介|保育士にオススメ!幼児向け絵本:『クリスマス オールスター』

search SEARCH

clip CLIP

2019.05.02

保育士にオススメ!幼児向け絵本:『クリスマス オールスター』

タイトル:『クリスマス オールスター』

対象年齢:3~5歳児
作者:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:童心社

 

☆おはなし☆


今日はクリスマス。みんなはクリスマスの準備でツリーを飾ったり、歌も歌ったりして楽しみにしています。

「サンタさん、ほんとに来てくれるかな?」


子どもたちが話していると、押入れから、誰かの声が聞こえてきました。

「いいな いいな。私だってクリスマスしてみたい」
『誰だろう』と思い、押し入れの戸を開けてみると、お雛様でした。

お雛様は「みんなはいいわよね。クリスマスができて、プレゼントだってもらえるんでしょう。
私だって、素敵なドレス、プレゼントしてもらいたいわ」といいました。

今度はお内裏様が、「それは私もそうです。一度でいいからクリスマスパーティーやってみたいです。

シャンパン飲んで、ケーキ食べて・・・」


すると、「あんたたち、それならぼくだって!」という声が奥から聞こえてきました。

「ぼくだって、クリスマスやってみたい。サンタクロースにだって会ってみたいよ。
一緒に空を飛べたらきっと素敵だろうなぁ」

それは鯉のぼりでした。


すると今度は、「何勝手なことばかり言っているんだい!」と運動会の玉入れくんがいいました。

「君たちはいいよ。何日か日の目を見ていられるんだから。
ぼくなんか一日だよ。たった一日で押し入れ行きさ。ぼくだって、もみの木みたいに、何日も活躍したいよ・・・」

 

なんだかみんなが寂しそうだったので、子どもたちは「だったらみんな出ておいでよ」
と声を掛け、一緒にクリスマスをすることに。

 

子どもたちが呼ぶと、出てきた出てきた。
他にもいっぱい、たこに門松、持ちつきセット、騒ぎを聞きつけて、山から線分の鬼。
後から後から虫捕り網、蚊取り線香、綱引きの綱、なんとさつまのおいもまで、出てきました。


準備が整い、サンタさんを待っていると、雪が降ってきました。
”シャンシャンシャンシャン”

 

「あっ!」「はっ!」
トナカイとサンタさんが顔を出しました。


「やったー!サンタだサンタだ!メリークリスマス!」

 

☆オススメポイント☆

子どもたちに大人気の絵本シリーズ、『ピーマン村シリーズ』の1冊!
このシリーズは特に幼児の子どもたちにはウケが良く、
絵本の中の可愛いイラストはもちろんですが、想像できない奇想天外な物語も、
このシリーズが人気な秘訣でしょう♪

これからクリスマスを迎えるこの時期に、是非子どもたちに読んでみてください!

 

☆読み方のコツ☆

この絵本には雛人形や鯉のぼりなど、登場するものが多いので、
子どもたちがどれが誰の台詞なのかということがわかるように、
声色に変化をつけて読んでみると良いでしょう。

また、年齢に合わせて、「これはなーーんだ?」など、
読み手が声を掛けて、登場するもののクイズを行ってもいいかも知れませんね。
季節や行事に合わせた風物詩を覚えられるようにもなるので、オススメの楽しみ方の一つです。

 

記事公開日:2019.05.02

記事更新日:2019.04.26