Ohanaトップ|保育のこと|保育知識|保育士にオススメ!乳児向け絵本:『おにぎり』

search SEARCH

clip CLIP

2019.05.01

保育士にオススメ!乳児向け絵本:『おにぎり』

タイトル:『おにぎり』

対象年齢:0~2歳児
作者:平山 英三
絵:平山 和子
出版社:福音館書店


☆おはなし☆


おにぎりを作ります。
ご飯を炊いて、手のひらに水をつけて、塩をつけて、手のひらの上にご飯をのせます。

あつ、あつ、ふっ、ふっ

あつあつのご飯を手の平にのせたら
「ぎゅっ。」ご飯を握ります。


ご飯の真ん中には梅干うめて、もう一度
「ぎゅっ。ぎゅっ。」ご飯を握ります。


くるっ、くるっ、くるっ・・・・・・
手のひらの中で、握ったご飯を回します。


「ほら、できた。たくさんできた。」
握ったおにぎりにのりを巻いて、、、、♪

「さあ、おにぎり出来上がり。はい、どうぞ。」

 

☆オススメポイント☆

この絵本はおにぎりの作り方を分かりやすい絵と、簡単な文章で教えてくれる絵本です。
2歳頃になると、保育園での食育活動でおにぎりを作るという園もあるのではないでしょうか?
そういった場合の食育活動前の導入としても活用できるのでオススメです!(*´・∀・*)

さらに絵本の中の絵はリアルでありながらも、
温かみのある優しいタッチで描かれているため、
子どもたちも興味を示しながら見ることができるでしょう♪
この絵本の絵は大人の方にも是非見ていただきたいクオリティーです!(´・ω・)ノ

 

☆読み方のコツ☆

この絵本は温かいリアルな絵が特徴的な絵本です!
そのため、子どもたちに絵がよく見えるように、ゆっくり読んでみましょう(〃'ω')

また絵本を読みながら、子どもたちにおにぎりを作る動作を見せてあげるのもオススメです。
子どもたちはきっと保育士の真似をしながら体を動かそうとするでしょう。
絵本の最後のページではおにぎりが完成し、
「はい、どうぞ」という一文がありますが、
その際に読み手が子どもたちにおにぎりを渡してあげるような動作をしてみて、
子どもたちと一緒におにぎりを食べる真似をするのも楽しいですね(人´∀`*)

 

記事公開日:2019.05.01

記事更新日:2019.04.26