Ohanaトップ|保育のこと|絵本紹介|保育士にオススメ!1・2・3歳児向け絵本:『ねずみくんのチョッキ』

search SEARCH

clip CLIP

2019.03.06

保育士にオススメ!1・2・3歳児向け絵本:『ねずみくんのチョッキ』

タイトル:『ねずみくんのチョッキ』

対象年齢:1・2・3歳児
作者:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社
 

☆おはなし☆

「おかあさんに編んでくれたぼくのチョッキ」。ねずみくんが嬉しそうにチョッキを着ています。

そこに、ねずみくんのお友だちがたくさんやってきます。
まず1番最初にやってきたのはあひるさんです。

少しきつそうにチョッキを着ているあひるさんを見かけると、さるくんが「ぼくにも着せてよ」と言ってやってきました。

次から次へとお友だちがやってきて、最後に「チョッキを着せてよ」とやってきたのは

・・・・・・・"ゾウさん"です!!

ねずみくんの小さなチョッキを、大きな体のゾウさんが着たらどうなってしまうでしょう。
ゾウさんに貸した後、ねずみくんは元気がありません。

しかし、そんな元気のなかったねずみくんが、最後にはゾウさんと仲良く遊んでいます!
ゾウさんが着たチョッキは○○に大変身したのでした!
 

☆オススメポイント☆

このお話の主人公は「ねずみくん」。しかし、ねずみくんの他にたくさんの動物のお友達が出てくるので、動物が好きな子どもたちにはオススメの絵本です!

ねずみくんの優しい性格やわんぱくな姿にも注目してほしい、可愛らしい絵本になっています☆
 

☆読み方のコツ☆

この絵本の中には、イラストだけが描かれているページがあります。
しかし文字がないからといって、そこのページを早足で読むのではなく、そのイラストを見て子どもたちが絵本の世界を想像して、広げられるように心掛けましょう。

この作品では、元気のないねずみくんのページに文章がありません。
保育士であるあなたは、「どうしてねずみくん元気がないのかな?」など、子どもたち自身が考えられるような、ヒントとなる言葉掛けをしていきましょう。

 

記事公開日:2019.03.06

記事更新日:2019.03.06