Ohanaトップ|ライフスタイル|料理レシピ|デトックス・胃腸を整える!大根もちとゆず茶のレシピ

search SEARCH

clip CLIP

2019.02.24

デトックス・胃腸を整える!大根もちとゆず茶のレシピ

本来多めの油でカリっと焼いて酢醤油でいただく大根もちですが、今回は甘いおもち感覚で、デザートにしてしまいましょう。

 

食べ過ぎてスタイルが気になるときも、材料の半分が大根だと、おもちやお団子を食べるより、カロリーが低くなるのも安心ポイントですね。

また、大根には冬の身体によい効能もいろいろとあります。ぜひ作ってみてくださいね。

 

材料(2人分)

・大根     5cm (約240g)
・米粉     120g
・砂糖     大さじ2
・ゆず茶 またはお好みのジャム
        適宜
・オーブンシート 適宜

 

作り方

1.大根は半分をすり下ろし、残りを千切り、またはすべてを鬼卸しですりおろす。

2.米粉と1の大根を混ぜ合わせる。千切りの場合、水分が足りずパサパサするようなら適宜水又は大根おろしを足す。

3.耐熱容器にオーブンシートを敷き、2の生地を流し入れ、電子レンジ600Wで約3分加熱する。表面の乾燥防止のため、ふんわりとラップをしておく。

4.様子を見て前後左右を返しながら、全体に火を通す。

5.ゆず茶を濃い目にお湯で溶き、ソースとして添える。

 

大根には呼吸器の働きを整えたり消化を促進したりする作用があります。また、米粉、上新粉をはじめとするうるち米には胃腸の働きを助ける働きが、もち米には下痢を止め、体力をつける働きがあります。体調により使い分けるとよいですね。

 

今回ソースにしたゆずは、二日酔いを鎮め、消化促進、咳止めととても体に良い食品です。

ぜひ試してみてくださいね。

記事公開日:2019.02.24

記事更新日:2019.02.21