Ohanaトップ|保育のこと|絵本紹介|保育士にオススメ!幼児向け絵本:『パンダ銭湯』

search SEARCH

clip CLIP

2019.01.18

保育士にオススメ!幼児向け絵本:『パンダ銭湯』

タイトル:『パンダ銭湯』

対象年齢:3~5歳児
作者:ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社:絵本館

☆おはなし☆

“パンダ以外の入店は、かたくお断りしています。=パンダ湯=”

「よし、今日は銭湯に行くか!」

動物園にいる、パンダのお父さんが、お母さんパンダと子どもパンダに言いました。子どもパンダは大喜び。

「あら、いらっしゃい。」

銭湯の番台のおばあさんが言いました。
子どもパンダは早く行きたくて、ウズウズしています。

「脱いだらちゃんとカゴに入れろよ。」と、お父さんパンダ。
「よいしょ。」、「う~ん。」、「おっとっと。」パンダの服を脱ぎます。
「チャ!」・・・サングラスも取ります。

そしていよいよお風呂に入ります。

「ゴシゴシ。」、「シャカシャカ」、「ジャバ~ン」

耳の黒い部分は真っ白になりました。

お風呂の中ではみんなでおしゃべりをしたり、歌ったり。
そうしているうちに銭湯も混んできて、そろそろ出ることにしました。

「しっかりふけよ。」とお父さんパンダ。

「あれ?どっちが右かな?」、「よいしょ、よいしょ。」

そして最後は・・・「チャ!」とサングラスをかけて!

「おい、忘れてるぞ!!」と、お父さんパンダが耳にワックスを塗ってくれました。

外ではお母さんパンダと待ち合わせ。
さあ、お腹もすいたから、皆で仲良く帰りましょ。

☆オススメポイント☆

パンダの家族が、銭湯に行くというだけの内容ですが、「まさか“パンダ専用”の銭湯があるなんて・・・!!」と、驚きの連続です。
表紙には意味深長なマル秘シールも貼ってあり、秘密が知れるのでは、とドキドキ・ワクワクしてしまいます♪

パンダの体の模様は、実は洋服!?本当は全身真っ白という衝撃!
目の部分はサングラスで、耳の部分はパンダ用ワックス・・・!?
なんて、つい大人も笑ってしまう、とても面白いオススメな絵本です♪
動物園でパンダを見ては、この絵本を思い出してクスっとしてしまいそうな1冊になっています(^∇^)

 

☆読み方のコツ☆

次々にあばかれる、パンダの秘密に、「え~そんなわけないよ。」と言いながらも半信半疑な子、素直に驚く子・・・子どもたちの反応はさまざまでしょう。
読み聞かせをする際は、保育士も初めて見たかのように「すごいね。」「へぇ~!!」など、子どもたちと一緒に驚く楽しさを共有できるようにしましょう♪
またパンダの洋服を脱ぐ場面では、最後のサングラスをかっこよく親子でとるところがポイント★大きな声で、かっこよく読んでみては?v('▽^*)

▼おすすめ絵本はこちら

・きょうはなんのひ?(幼児向け絵本)
・かぜひいた(3~5歳児向け絵本)
・でこちゃん(幼児向け絵本)

 

記事公開日:2019.01.18

記事更新日:2019.01.17