OHANA | 保育士メディア|さっと作れる絶品親子丼レシピ

search SEARCH

2018.12.28

さっと作れる絶品親子丼レシピ

 

お昼ごはんにもよるご飯にもぴったり、さっと作れて食べられる親子丼はみんなに大人気ですね。
卵は半熟のとろ~り派、しっかり加熱派、温泉卵をトッピングするのもおすすめ。

 

材料(2人前)

材料

  • 鶏もも肉     1枚(約250g)
  • 玉ねぎ      大1/2個
  • 卵        3個
  • 出汁                   100cc
    (市販のものは煮物の規定量に薄めておく)
  • 酒        大さじ1
  • みりん      大さじ1
  • しょうゆ     大さじ1~2
  • ねぎ又は三つ葉  2~3本
  • サラダオイル   適宜
  • ご飯       2膳



作り方

  1. 玉ねぎはくし切り、ねぎは小口切り、鶏もも肉は一口大に切る。
    (お好みで皮や脂を取るとカロリーを約2割控えることができます。)
    工程1

  2. フライパンにサラダオイルを熱し、玉ねぎを炒める。

  3. 全体に油が回ったら鶏もも肉を加え炒め、鶏肉の色が変わったら出汁、酒、みりんを加え煮る。
    工程2

  4. 全体に火が通ったらしょうゆを加え味を調える。これから卵が加わるので少し濃い目の味付けに。
    市販の出汁の場合、メーカーにより塩分濃度は変わります。
    しょうゆは一度に加えず、様子を見ながら少しずつ加減してください。

  5. どんぶりにご飯をよそっておいてから、器に溶いた卵を4に回しかけ、全体を大きくかき混ぜ、好みの火の通り加減でどんぶりに盛る。
    工程4

  6. ねぎの小口切りをちらして完成。

お好みで七味唐辛子、粉山椒、ゆず胡椒を添えてどうぞ。

 

みんな大好きな親子丼、今をさかのぼること約260年前、江戸中期に東京人形町にあった老舗鶏料理店「玉ひで」が、コース料理の〆として、鶏肉と卵を割下という出汁で煮て「卵とじ」として客に出したのが原型とのことです。これを客がご飯にのせて食べるようになり、そのおいしさから「親子丼」のスタイルになったといわれています。

 

親子丼は卵の火の通り加減が命です。先にごはんの入ったどんぶりを用意してから卵を鍋に溶き入れましょう。

また、どんぶりに卵とじを移しやすくするために、深い鍋を使うよりは小さめのフライパンのような浅いものを利用し、ごはんの入ったどんぶりに滑り込ませるようにするとよいでしょう。

 

1~2人分ずつ作るのが上手にできるポイントですが、人数が多いときは玉ねぎと鶏肉だけを先に煮ておいて、卵を入れて仕上げるところのみ1~2人分ずつ作るとうまくいきます。

鶏肉にはカンピロバクターという食中毒菌が付着していることがあります。一枚のまな板で調理するときはまずは野菜類を切ってから、最後に鶏肉の処理にかかってください。

 

記事公開日:2018.12.28

記事更新日:2019.01.11