Ohanaトップ|保育のこと|絵本紹介|保育士にオススメ!乳児向け絵本:『おいもさんがね・・』

search SEARCH

clip CLIP

2019.04.26

保育士にオススメ!乳児向け絵本:『おいもさんがね・・』

タイトル:『おいもさんがね・・』

作者・絵:とよた かずひこ
出版社:童心社
対象年齢:0~2歳児

 

☆おはなし☆

おいもさんがね、目を覚まして「よいしょ よいしょ よいしょ」と土の中から顔を出しました。
土の外に出たおいもさんは、「おきろよ おきろ」と声を掛けながら、
次に出てくるおいもさんのつるを引っ張ります。

「よいしょ よいしょ よいしょ」「よいしょ よいしょ よいしょ」おいもさんが次から次へと土の外に出てきます。

「よいしょ よいしょ よいしょっと」

”すっぽーーん!”

一番最後の大きなおいもさんが、土の外に出てきました。

 

引っ張った衝撃で、おいもさんたちは「ごろごろごろ ごろごろごろ 」と下り坂を転がって・・・・
”ぽっちゃーん”と池の中に落っこちました。

おいもさんたちは「ひゃ~ つめたい」といって急いで土の上にもどりました。
「ぶるぶるぶる 」「さむいよ さむいよ」「どうする どうする・・・・・」といいながら、
ふかふかの落ち葉の布団に入りました。


すると、そこに・・・・・・

「心配ごむよう!」と炎さんがぽっと現れました。


炎さんは「ぽっぽっぽっぽっ」といいながら、
おいもさんが入った落ち葉の布団に近づき、落ち葉に火をつけました。

「ぽっ ぽっ ぽっ ぽっ」「ぬくぬくぬくぬく ぬーくぬく」「ぬくぬくぬくぬく ぬーくぬく」
落ち葉の布団はあったかくなって、おいもさんたちはほかほかの焼き芋大変身☆

 

☆オススメポイント☆

この絵本は乳児の子どもたちに大人気の「○○さんがね・・」シリーズの1冊です♪
その中でもこの「おいもさんがね・・」は9~11月の秋の時期に、
是非子どもたちに読み聞かせをしたくなる絵本になっています。

 

☆読み方のコツ☆

この絵本のシリーズには決まって「心配ごむよう!」という台詞が出てきます。
子どもたちが一緒になって言いたい台詞でもあるので、
読み聞かせをする保育士は子どもたちに「せーのっ!」などの掛け声をかけて、
子どもたちと一緒にその台詞を言えるようにしてみてください♪
子ども自身が絵本を楽しみながら見られることは、子どもの集中力にも繋がります!!

 

▼「○○さんがね・・」シリーズの絵本はこちら

・すいかくんがね(0~2歳児向け絵本)

▼おすすめ絵本はこちら

・たまごのえほん(0・1歳児向け絵本)
・たまごのあかちゃん(0~2歳児向け絵本)
・コロちゃんはどこ?(0~2歳児向け絵本)
・しろくまちゃんのほっとけーき(1~3歳児向け絵本)
・おててがでたよ(0~2歳児向け絵本)
・もうねんね(0~2歳児向け絵本)
・もりのおふろ(1~3歳児向け絵本)
・ノンタン おしっこしーしー(1~3歳児向け絵本)
・いやだ いやだ(1・2歳児向け絵本)
・せんろはつづく(1・2歳児向け絵本)
・プリンちゃんとおかあさん(1~3歳児向け絵本)

記事公開日:2019.04.26

記事更新日:2019.04.25