Ohana|保育のこと|絵本紹介 |保育士にオススメ!0・1歳児向け絵本:『だるまさんと』

search SEARCH

2019.03.15

保育士にオススメ!0・1歳児向け絵本:『だるまさんと』

タイトル:『だるまさんの』

対象年齢:0・1歳児
作者:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社

☆おはなし☆

このおはなしの主人公はだるまさん。
お友だちのイチゴさん、バナナさん、メロンさんと一緒に何をするのかなぁ~?
「だ・る・ま・さ・ん・と」の台詞の後に続けて一緒にやってみましょう♪

お友だちのイチゴさんが登場。
「イ・チ・ゴ・さ・ん・と」・・・・・・・・・・・・・・・・・「ぺこっ♪」
だるまさんとイチゴさんが向かい合ってお辞儀をします。

お友だちのバナナさんが登場。
「バ・ナ・ナ・さ・ん・と」・・・・・・・・・・・・・・・・・「ぽにん♪」
だるまさんとバナナさんはおしりをくっつけて、にっこり。

お友だちのメロンさんが登場。
「メ・ロ・ン・さ・ん・と」・・・・・・・・・・・・・・・・・「ぎゅっ!」
だるまさんとメロンさんは”ぎゅっと”抱き合います。

だるまさんが登場。
「だ・る・ま・さ・ん・と」・・・・・・・・・・・・・・・・・「うーーん」
だるまさんの上にバナナさんがのって、バナナさんの上にメロンさんがのって、メロンさんの上にイチゴさんがのって”うーーん”と踏ん張り、小さくなります。

「ぱっ!!!!!!」
小さくしていた体を開いて、みんなでバランスをとってお友だちタワーの出来上がり☆

「ぴーす♪」
みんなそろってにこにこピース。

☆オススメポイント☆

この絵本は乳児への読み聞かせが簡単に出来る絵本という点がオススメポイントです♪
さらに登場するだるまさんやイチゴさんのイラストの柔らかいタッチも心があたたかくなるようです。

読み聞かせをすればするほど、子どもたちは夢中になってこの絵本を読むことでしょう♪
自分で体を動かせるようになると、進んで絵本の中のだるまさんやイチゴさんの真似っこをしようとします。
子どもたちのそんな可愛らしい姿をみることができるのも、この絵本のオススメポイントです!

☆読み方のコツ☆

この絵本を読むときは子どもたちがワクワクしながら見られるようにした話し方をするのがオススメです!
「○・○・○・さ・ん・と」と決まった台詞が出てくるので、そこを読む際には保育士など、読み手となる人が「せーの♪」と掛け声をかけて、子どもたちと一緒に楽しみながら読めるようにすると良いでしょう★

▼おすすめ絵本はこちら

・ぞうくんのさんぽ(1~3歳児向け絵本)
・せんろはつづく(1・2歳児向け絵本)
・しろくまちゃんのほっとけーき(1~3歳児向け絵本)

 

記事公開日:2019.03.15

記事更新日:2019.03.14