Ohana|保育のこと|現場の悩み |保育園に安心して通ってもらおう!0歳児保育に役立つプロのコツ&裏ワザ

search SEARCH

2019.01.18

保育園に安心して通ってもらおう!0歳児保育に役立つプロのコツ&裏ワザ

保育園では幅広い年齢の子どもを保育しますが、それぞれ年齢層によってその内容は変わってきますよね。

子どもたちと一緒に、歌や手遊び、運動遊びや工作などをする時間はもちろん楽しいものですが、こういったことがまだできない0歳児の保育には、ちょっとした工夫やコツが必要です。

 

責任が重くて難易度の高い0歳児保育だけど……

08-11_29968000229_R-640x426

0歳児で保育園に預けられる子どもたちは、本当にまだ「赤ちゃん」ですよね。

自分でできることが少ないので、すべてのお世話はもちろん保育士の仕事となります。SIDSや窒息などの危険性にも常に気をつけなければならないので、0歳児保育は保育士にとって難易度が高いかもしれません。

また、保護者にとっても、0歳児を保育園に預けるというのは決して安易な決断ではないはず。保護者が信頼のおける保育士に任せたいと願うのは、自然なことかもしれません。

0歳児保育の担当に選ばれるということは、保育士として信頼がおける存在であることの象徴ともいえるでしょう。

そういった意味で、非常にやりがいのある保育ですし、日々急激な成長を遂げる赤ちゃんをそばで見守れることは、とても貴重な経験ですよね。

 

保育園での遊びの引き出しはたくさん持っておこう

残念ながら0歳児のほとんどは、まだまだ集団で遊ぶことができません。でも、ネンネやハイハイしかしない0歳児でも、遊ぶ方法はたくさんあります。

保護者にとって「頼れる保育士」となるためには、月齢に合わせた遊びの引き出しをたくさん身につけることが大切です。忙しさにかまけて、子どもたちを放置してはいけません。

以下に、「0~6ヶ月」「7~11ヶ月」に分けて、どんな遊びができるのかをまとめてみました。

0~6ヶ月

この月齢の子どもは、目や耳の発達を促すために、目をしっかり合わせてあげることや、たくさん話しかけてあげることが大切です。

首がすわってきたら、コチョコチョと体をくすぐってあげたり、手足を優しく曲げたり伸ばしたりするストレッチを取り入れましょう。6ヶ月に近づくと、「いないいないばあ」や「はい、どうぞ」と物を渡すなどの動作にも興味を持ちはじめます。スキンシップを大切にして遊んであげるようにしたいですね。

7~11ヶ月

体を動かしたり、自分で音を出すのが楽しくなってくるのが7ヶ月あたり。「たかいたかい」や箱をトントン手でたたくなどの、ちょっとしたアクティビティが楽しくなってくる月齢です。

8~9ヶ月になると、ティッシュやスカーフ、積み木くずしなど、ちょっとした物で遊ぶことにも興味を持ちはじめます。ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きができるようになれば、行動範囲もぐっと広がるでしょう。

遊びがいが出てくる分、危険性もぐっと上がるのがこの時期なので、けがや事故には十分に気を配る必要があります。 もちろん、子どもによって成長速度や好みは違うもの。その子に合った内容の遊びを、その子のペースに合わせて取り入れるようにしましょう。

 

知っておきたい!保育園のプロの裏ワザ

やっぱり大変な0歳児保育。少しでも手際よく対応できるように、ちょっとしたコツをつかみたいものですよね。

ここでは、寝かしつけや同時抱っこ、離乳食やミルクを食べさせるときのコツなど、「デキる」保育士になるためのちょっとした裏ワザをご紹介します。

月齢の低い赤ちゃんは、背中をC字型にして体を丸めた姿勢が大好き。これはお母さんのおなかの中にいたときの姿勢だからです。授乳クッションやスリングを活用して、赤ちゃんがC字のまま眠れるように工夫しましょう。

ただし、寝ている間に苦しそうではないか、変な体勢にずり落ちてしまっていないかなど、こまめなチェックは必ず行うようにしてください。

寝つきが悪いときは眉間から額の真ん中あたりを、そっとなでてあげましょう。ぐずっていた赤ちゃんが、驚くほどスッと落ち着いてくれるはず。

➤ 離乳食は根気のいる作業。時間の許す限り、子ども本人がやりたい部分はやらせてあげましょう。無理に押し込むことのないよう、口に入れるときは「下唇」にそっと乗せて反応をみてみることも大切です。

わからないことやうまくいかないことがあれば、ほかの保育士さんの知恵を借りたり、その子の保護者に相談したりして、その子に合うコツがないかを探ってみるのもひとつの方法です。

 

0歳児ならではのメッセージを感じとろう

自分で体を動かしたり、言葉で自分の意思を伝えたりすることができない0歳児。だからこそ保育士は目・耳・体のすべてで、子どもからのメッセージを感じとる必要があります。

0歳児ならではの特徴やその対応法をしっかりと学び、「デキる」保育士を目指して頑張っていきましょう。

記事公開日:2019.01.18

記事更新日:2019.01.18